忍者ブログ
ACとは子供時代、機能不全家庭で育った人のこと。こうした家族で育った場合、多かれ少なかれよくないパターンが身につき、それが自分自身の恋愛や結婚に大きく影響します。ACが自分の育ったアルコール依存症家庭やDVと同じ環境に身をおくケースも多く存在します。このブログはACの健全な結婚を応援します。

人気お見合いパーティー会社
地域別お見合いパーティー
人気の大手結婚相談所
イチオシ!結婚情報サービス
お見合いパーティーの知識
お見合いパーティーとは

パーティーの種類

パーティーを選ぶ基準

サクラについて

営業目的の参加者にご注意

お見合いパーティー攻略
着ていく服の選び方

パーティーのマナー・心構え

パーティーでの会話法

絶対やってはいけないこと

相手を口説くテクニック

お見合いパーティー特集
セレブ婚がしたい方向け

中高年(40代50代)向け

クリスマスの企画特集

外国人と出会いたい方向け

公務員と結婚したい方向け

個室で話せるパーティー

バツイチ・再婚したい方向け

気になる男女のデータ
未婚者についての調査結果

結婚相手に求める条件とは

恋愛・結婚したい職業BEST5

独身OLが結婚したくなる時

夫婦の出会いのきっかけ

恋人がいる人の割合

カテゴリー
リンク
ブログランキング
RSS
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

様々な事情で、子ども時代を子どもとして

過ごすことができなかったACは、

周囲に気を使い、感情を表現することができずに育っています。


大人になっても、素直に自分の感情を

表現することができないのです。

言いたいことが言えない、

感情を抑えすぎて急に爆発。

など。

泣きたいときに泣けず、

声を殺してひとりぼっちで泣いていたり。

すべては、子ども時代にうまく

感情が育たなかったから。


さらに、ACは、子供の時代に大人を

信頼せずに育ってきたので

他人を信用する力がとても弱いのが特徴。


ACは、甘えたくても甘えることができなかった

子ども時代を送っています。

甘えることができなかったから、

大人になって誰かに依存しようとしても

なかなかできません。

逆に、心の穴を埋めるために

嗜癖とよばれるまでにのめりこんだりします。

AC、とても不器用なので、

自分分の心を支配したりコントロールします。

自己処罰に徹底することも。



子ども時代を淋しく暮らしてきたACは、

大人になっても得体の知れない淋しさにさいなまれたり、

抑うつ的になったり、

不安になったりすることがあります。

結婚や恋愛をしても、なぜか淋しくて

満たされない気持ちになるのです。







PR
アダルトチルドレン(=AC)の結婚や恋愛は

共依存の問題を多く含み、影響を及ぼします。


だからACは自分の問題をみつめ、

自分を立て直していく必要があります。

このブログは、その回復に

必要な情報を提供しています。


私自身もACであり、人間関係の境界がわからないため、

誤解をあたえやすくトラブルを起こしやすいと

認識しています。


ですので個人的なコメントは

避けさせていただきます。

あくまでも情報提供と私の物語ですので

ご了承ください。

また、がんばり過ぎもACに特徴的な傾向。

中には、ストレス性疾患、うつ、強迫神経症、

人格障害などの病名がつけられ、

専門的な治療・援助を必要とする人もいます


過度の仕事を抱え込んで仕事中毒の症状になったり、

自分を犠牲にしてまで相手の世話をやいたりします。

 
リラックスするのが苦手で自分に必要な休息時間を

与えてあげることができません。

楽しむことにも罪悪感を感じます。

 
ACは他人を援助する仕事を選ぶことが多く、

こうした援助者達は援助対象と距離がとれずに

巻き込まれやすかったり、

限界まで働いてもえつきてしまうこともあります。

 
あまりがんばりすぎないこと

徹底的にやらずにゆるみをもたせること


燃えつきやすいACだからこそ

心して気をつけなければ

いけないのです。


さまざまな事情で子ども時代を

子どもとして過ごすことのできなかったACは、

周囲に気を使って感情を表現することができずに

育ってきています。
 

大人になっても、素直に自分の感情を

上手に表現することができないことが多い。

いいたいことが言えなかったり、

また、その感情を抑えすぎて急に爆発したり。


また、泣きたいときになけなかったり、

ひとりぼっちで声を立てずに泣いていたり。


それは子ども時代にうまく感情を表現することが

できなかったまま大人になったから。

また、悲しいことにACは

子どもの時代に大人を

信頼できずに育ってきたので

他人を信頼する力が弱い。

他人を信頼できないので

援助や助けを求めるのが下手。

それから、甘えたくても甘えさせてくれる人が

いなかった子ども時代を送っているので

大人になっても人に依存したくてもできません。


その辺が不器用なのです。

子ども時代をさみしく過ごしてきたACは、

大人になっても得体の知れない寂しさにさいなまれたり、

抑鬱的になったり、

不安になったりします。
 

結婚や恋愛をしていても、

なぜかさみしく満たされない気持ちになるのです。


多くのACは、なぜ、同じ事が繰り返し

自分の人生において起こるのかと嘆いています。

よくあるのは人間関係のつまづきです。

特に、親密な関係を作ったり、維持していくことに困難を覚えます。


恋愛や結婚に踏み込めずに悩んでいる人もいれば、

度重なる破局に傷ついている人もいます。


暴言や暴力に満ちた理不尽な関係から

抜け出せずにいる人、

見捨てられる不安から相手にしがみついて

結局は関係を壊してしまう人。


親と同じような問題を抱えた相手を選ぶ場合も多いのです。

だからこそ、余裕のある独身時代に

積極的に自分を癒してあげてほしいのです。

生きにくさから自分を解放するために。


 

すべてのACに現れる特徴ではありませんが

これはACが多かれ少なかれ感じていることです。

ご参考まで。



・周囲が期待しているように振る舞う

ACは「見捨てられる不安」に脅かされているので

常に他人の評価を気にする。

周囲の期待を予測し、それに沿おうとする生き方をする。


・何もしない完璧主義者である

ACとは非常に自己評価が低く、

自尊心が損なわれている。

そのことが完璧主義をもたらし、

かえってなにもできないという状況を招く。

何か行動を起こせば、自分の中で

厳しい自己批判が起きたり、

あるいは他人から批判されることをおそれているから。
 

・尊大で誇大的な考えや妄想をもっている

ACは、幼児的で自己愛的な誇大傾向をもつ。

自己の評価が低く、他人に自己の真価を

知られることをおそれているため、

孤高を気取って高慢に振る舞い、

自分に従う人のみを集める。
 

・NOがいえない

ACは見捨てられるのが恐くて

他人からの誘いや要請に対して

「NO」といえない。

他人の言いなりになっている関係が

重荷になり、引きこもることになったりする。


・しがみつきと愛情を混同する

ACは孤独恐怖のために自分より弱い人、

自分の世話を待っている人に出会うと

その人を支配し、離れられないようにする。

これが「共存的な」しがみつきで

支配欲と愛情を混同してしまいがち。


・被害妄想に陥りやすい

他人によい評価をされているとは思えないACは、

他人の言葉やふるまいの背後にある悪意を

読みとろうとする「マインド・リーディング」を絶えずしている。
 

・表情に乏しい

ACは不安、悲しみ、寂しさ、怒り、喜びなどの感情を

認知することが苦手。

それを表現することに恐怖さえ感じる。

そういった感情を認知したり表現したりということが

許されない環境に育っているため。
 

・楽しめない、遊べない

ACは生活の中に楽しみを見いだすことが苦手。

楽しむことに罪悪感さえ抱いている。

他人が自分をどう思っているかが気になり、

心から楽しむことができない。
 

・フリをする

ACは楽しくないのに楽しく振る舞ったり、

怒っているのに気にしていないフリをする。

自分自身にうそをつき、自然な感情を

押し殺して生きている。
 

・環境の変化を嫌う

長い間親からの侵入に晒されながら、

やっとの思いで「偽りの自分」を作ってきたACは、

保守的で、それまでの生活習慣に固執。

他人からの強制による変化に反発。
 

・他人に承認されることを渇望し、寂しがる

自己評価の低いACは、

「あるがままの自己の受け入れ」を得ることは

望めないと早々にあきらめている。

それゆえに非常にその受け入れを

強く望んでいる。

ACは常に寂しさを抱え、人生を苦しいもの、

生きる価値のないものと感じている。

その失望は「愛を求める他者」に

対する怒りや恨みを募らせ、これが爆発すると

暴力に発展。(子供に対する虐待など)
 

・自己処罰に嗜癖している

親の期待を背負ったACは、

その期待からはずれたことを自覚すると

自己処罰の感情にとらわれる。

具体的には、抑鬱や無気力、

窃盗壁(捕まることが処罰)、

リストカット、拒食症や過食症、

自己破壊的なアルコール、

ドラッグ、自殺願望などにみられる。
 

・抑鬱的で無力感を訴える一方で心身症や嗜癖行動に走りやすい

ACは常に他人に承認されない怒りと寂しさを抱え、

その怒りを喘息や潰瘍性大腸炎などの

「心身症」に転換したり、

その寂しさの苦痛を「退屈感」へと

感覚麻痺させる。

「退屈感」から「嗜癖」への道に走りやすく、

その対象は物質(アルコール、ドラッグ、食物など)、

行為(仕事、ギャンブル、窃盗、買い物、食事など)、

人間(恋愛依存、共存性、子どもへの侵入)など

 

・離人感が伴いやすい

離人感とは、「自分が自分でないような感じ」

「自分がなぜここにいるのかわからなくなった感じ」

「自分と外界とが薄い膜に隔てられているような感じ」

「自分の行為が自分が発しているように感じられず、

それを漠然とみている自分がいるような感じ」など。

ACは、今まで自分の生活の中で思い出せない部分、

人格から隔離した部分を抱えている(解離性障害)



 

スポンサードリンク

独身社会人の出逢いを応援



カップリング率43%以上!その訳は!?



あなたの婚活偏差値は?婚活EQ診断でチェック




お見合いパーティーランキング
ネット結婚サービスランキング
結婚相談所系
合コンサービスランキング
恋愛占い
[PR] 忍者ブログ [PR]
Designed by ST